男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

 このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

 

みなさんこんにちは!

 

いやー!今日はバレンタインデーですね!
チョコレートと愛の告白は成功しましたか?

 

さて、女心と秋の空とはよく言いますが、男心についてみなさんどう思いますか?

 

実は意外と男心の本音ってわかりずらいものなんです。CA(客室乗務員)の冷静で鋭い観察力をもってしても、時に男心の本音を伺い知ることが難しい場合が多いんです。そして、そのまま男心の本音を理解できずにいると、ある日突然さよならと言われてしまうことも結構あるんです。

 

まあ、これは私の反省なんですけどね・・。

 

私の周囲のCAも結構似たような苦い経験をして来てきるので、ぜひともみなさんの幸せな結婚と順調な婚活に役立ててください。

 

 

CA(客室乗務員)の観察力を過信するとえらい目に!

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

 

恋愛をすると、本当にヤキモキとしてしまいますよね。

 

例えば、付き合っている男性が何を考えているかわからなかったり、自分がいいなあと思っている彼はわたしの事はどう思っているのか気になったり、あの言葉やあの態度のの意味することは?

 

というように、恋愛においてはこんな風に互いの心の中を探り合って四苦八苦してしまうことが多いですよね。

 

そこで、CA(客室乗務員)持ち前の冷静で鋭い観察眼が役に立つことも多いのですが、それを過信して一方的に思いこむと、男心の本音は真逆だったりすることが本当に多いんですよ。原因はやはり、恋愛対象の男性とお客様は全く別物だというところだと思います。

 

お客様のご要望は大体が決まっていますし、何がお客様にとってうれしいことで何が不快な事かは経験則で理解することができます。しかし、恋愛対象の男性の本音についてはまさに十人十色です。機内のお客様のように、目的地まで定刻で到着して機内では快適に過ごしたい、というはっきりした共通の願望というものはありません。

 

ですので、お仕事の時のように「最初に結論ありき」というスタンスで対象の男性の心を読もうとしても、それは思わぬ過ちにつながってしまうことがあるのです。

 

「今LINEしてあげたほうがいいに決まってる」とか、「絶対今日はフレンチより中華のほうが食べたいはず」というように最初から男性の意向を決めてかかってそれを強引に押し付けようとすると、時にはそれが男性の地雷だったりすることもあるので本当に気を付けてください。(反省・・)

 

間違った思い込みや先入観で、せっかく上手く行くはずだった恋愛を台無しにしないようにしたいものですよね。

 

 

CA(客室乗務員)はけっこう恋愛不器用です

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

 

男性の本音や本心がわからず、勝手な思いこみや疑いで自爆してしまうCA(客室乗務員)女性は結構多んです。

 

これはある意味CA(客室乗務員)の職業病なのかも知れませんが、恋愛対象の男性の言動の意味をいちいち深読みしてしまうんです。「きっとこういうことを求めているに違いない!」と自分の中の妄想を勝手に膨らまし、最終的にはその結論が正しいと決めつけ、勝手に苦しんで、そのストレスを男性に対してぶつける、という悪循環に陥るCAが多いんです。

 

このように、「自分だけの勝手な物差し」で物事を判断すると、男性の本心とは大きくズレている場合がほとんどです。

 

CAと言えば何でもスマートにそつなくこなすというイメージをお持ちの方が多いとは思いますが、こと恋愛に関してはこのように結構不器用なCAも多いんですよ・・。転んでは這い上がり、それでも転んではまた這い上がり、ゼーゼーと息を切らせながら幸せな結婚を目指して必死で婚活を頑張っているCAのこと、どうか見捨てないでください・・。

 

このような側面もふまえた上で、「それでもCA(客室乗務員)の女性って素敵だ」と言ってくださる男性の方、そんなあなたはまるで神様のように見えます!

 

 

恋愛美器用なCA(客室乗務員)向けに男心の本音サンプル集

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

 

そんな必死に日夜がんばっているCA(客室乗務員)のために、私の数々の失敗からわかった男心の本音について、いくつかのサンプルをお届けします。

 

どうかあなたの幸せな結婚とそれに向けた婚活の成功のために役立ててください!

 

 

 

男性が構ってくれないのはあなたが好きな証拠

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

 

出会った頃はなるべく仕事もはやく切り上げて、あなたと会う時間や電話する時間を作ってくれていたけど、最近は帰りが遅いくて電話も繋がりにくいなんてことありませんか?

 

もしそうなら、他に女が出来たとか、もう私には飽きたんだとか思ってしまいますよね。

 

しかし、それは大いなる誤解なんです。

 

男性って好きな女性が一度手に入ると安心し切ってしまう場合が多いんです。
付き合う時間が長くなればなるほどより親密になりますよね。そして男性側はどんどんあなたへ甘えてくるんです。
あなたのことが好きで甘えたいからこそ、男友達と会うのを優先したり、遅くまで仕事に精を出せたりするものです。

 

ですので、これはむしろ良い兆候なんですよ。にもかかわらず、あなたが勝手に色々な妄想をして、彼を束縛したりすると逆効果です。
それが原因で、本当に彼が浮気したりするキッカケになる可能性もあります。そんな時こそ、男性と同じようにあなたも自分が楽しむ趣味などのに没頭することが大切です。

 

そのような男性の本音を理解したうえで、仕事に精を出すエリートビジネスマンと出会ってみるのも大きなチャンスですよ。

 

こちらのクラブオーツー なら、そんなあなたにぴったりの男性と出会えるはずです。

 

 

 

 

言葉ではっきり伝えないと男は理解しない

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

 

女性同士だと「察しなさいよ!」というような空気感でコミュニケーションすることが多いですよね。特にCA(客室乗務員)なら先輩様や上司様からの冷たい視線や態度など日常茶飯事ですよね。

 

しかし、男性にはそのような習慣というか感覚が無いので、もしあなたが色々な不満や感情が我慢できないような時にはストレートに言葉で伝えましょう。

 

CAの女同士の世界でのコミュニケーション方法は一切通用しないので、いつまでたっても気づいてくれない男性に更なる鬱憤が貯まっていってしまい悪循環です。
また、嫌われることを心配して肝心なことは彼には言わず、遠回しなことを言ったり、ただただ不機嫌になってみたり、わざと既読スルーをしてみても、これらは全て男性からすれば完全に理解不能なので、「単に面倒くさい女」とだけ思われてしまいあっけなく破局ということも可能性大です。

 

このように、男性にはハッキリと伝えないと何も響きませんので要注意です。

 

あなたの素直な心を素直な言葉で男性に伝えられるなら、きっとあなたの婚活は成就して幸せな結婚生活が始まることでしょう。

 

こちらの楽天オーネットではそんなあなたにぴったりの実直で根は優しい男性たちと出会えるはず。

 

交際経験0

 

 

男心の本音を女性に相談するのは禁物です

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

 

この理解不能な男心の本音を同じ女性、しかも同じCA(客室乗務員)に相談してもますます事態は悪化するので禁物です。

 

これはあなたがもう一人のあなたに相談するようなものなので、ますます混乱を招いてしまい、結局自分の勝手な解釈で暴走してしまいがちだからです。
しかも相談された女性の恋愛もうまくいってない場合にはますます大混乱するでしょう。そして、二人して自分たちの苦しみと嘆き合い、傷をなめ合うだけという不毛なやりとりになってしまうのです。

 

もし男心の本音を相談するのであれば、友達関係の第三者の男性や、あと私がおすすめなのがLGBTの人たちです。
LGBTのみなさんは全然違う視点から男心の本音を分析してくれるので、まさに目から鱗、雷に打たれたような衝撃的かつ極めて有効な解決策を出してくれることが多いですよ!

 

心機一転、あなたの心が斬新なアドバイスによって晴れ渡ったならその日がチャンスです。

 

あなたの幸せを探しにさっそく行動に出ることもまたおすすめです。
こちら、初婚限定。出会える結婚相談所 M’sブライダル・ナナ で思いもよらなかった素敵な男性と巡り合う日も近いのではないでしょうか。

 

 

 

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【まとめ】

男心の本音とCA(客室乗務員)の婚活・恋愛【失敗談】

 

CA(客室乗務員)はそのお仕事柄、常にお客様の先回りをしてサービスを提供できる冷静で鋭い観察眼を持っています。

 

しかし、その能力を安易に男性との恋愛に転用しても、男心の本音を読み違えて相手の男性に不愉快な思いをさせてしまうことが多々あります。やはり機内のお客様と違って、恋愛対象の男性があなたに求めることは全く違うというところが大きな原因となっています。

 

このように、意外と恋愛不器用なCAではありますが、恋愛対象の男性とうまく過ごすためには男心の本音とは女心とは全く異なるといことを認識することが必要です。

 

くれぐれも女性同士、ましてやCA同士で傷をなめ合う事などせずに、第三者の男性友達やLGBTの友達から冷静な意見をもらうことが良いでしょう。

 

 

 

しえすたのプロフィール
トップへ戻る