CA(キャビンアテンダント)と視力について【回復法など】

 このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

CA(キャビンアテンダント)と視力について【回復法など】

CA(キャビンアテンダント)と視力について【回復法など】

 

みなさんお元気ですか?

 

さて、今日はこちら「視力」のテーマでお送りします。

 

CA(キャビンアテンダント)を目指すにあたっては色々と身体的な条件を満たす必要があります。
身長制限が顕著な例ですが、その他にも骨格や内臓に大きな疾患が無いことや、重度のアレルギーが無いことなど実に様々な身体基準がありますよね。

 

中でも身長の次に大きなウエイトを占めるのが「視力」です。
日系キャリアの場合応募条件に裸眼視力の条件については問わないとありますが、コンタクトレンズによる矯正で1.0は必須ですよね。
近視が強い場合、コンタクトで矯正しても1.0に届かないという人も結構居ると思います。

 

そんなあなたに、今日はとっておきの視力回復方法と日頃の生活習慣で気を付けておくことを教えちゃいますね!

 

CA(キャビンアテンダント)は目が命です!

 

CA(キャビンアテンダント)の身体要件一覧の中での視力

CA(キャビンアテンダント)と視力について【回復法など】

 

さて、まずはこちら、「スチュワーデス塾」さまのホームページにとてもわかりやすい各エアラインCAの身体検査基準がまとめられています。

 

ご覧のように視力の欄については、日系ではおおむね矯正で1.0以上、外資の一部では裸眼で0.1以上や裸眼0.3など下限についても設けられています。

 

やはり機内で業務をするにあたって、様々なサイネージ(呼び出しボタン点灯など)や機内最後部まではっきりと見ることができる視力が必要なのです。
さらに、緊急事態には煙が充満した客室で避難経路を見分けることが出来る位の視力も必要となりますからね。
また、メガネの場合にはちょっとした衝撃で脱げてしまう可能性が高いのでコンタクトレンズの使用が必須となっています。

 

一番良いのは、裸眼で1.0以上の視力が有ることですが、現代日本人でそこまで視力の良好な人は珍しいですよね・・。

 

ちなみに私も1.0など無いので乗務の際にはコンタクトを使用しています。

 

 

日本人の近視率の高さ

CA(キャビンアテンダント)と視力について【回復法など】

 

とにかくこの近視は現代日本人には当たり前になっていますよね。

 

むしろ1.0が遠視じゃないかと思う位に、私の周囲の人たちもほぼ100%がコンタクトレンズを使用して乗務しています。

 

おそらくその理由は、現代人は遠くを見ることが必要無くなったということなのでしょう。生活の中で自分より1メートル以上先のモノをクリアーに見る必要があるシチュエーションって、車の運転時くらいですよね。その他は、スマホやPCやテレビなど、自分の半径1メートル以内の世界で何事も完結してしまっていますからね。

 

そんな生活を長年していると、生き物であればその機能は間違いなく「退化」してしまいます。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、洞窟の中の湖に棲んでいる魚の目は退化して無くなってしまっています。

 

はい、こちらのさかなくんです。

 

ですので、視力の向上についてはむしろ筋トレのような位置づけとして「鍛える」という心構えが必要なんです。

 

 

どうやって目を鍛えるるのか?

CA(キャビンアテンダント)と視力について【回復法など】

 

それでは実際にどうやって視力を鍛えるのか、そのことについて私のとっておきの方法をご紹介しますね!
実は私、CA受験時の学生時代には裸眼視力で0.1無い位の結構強い近視だったんです。
コンタクトレンズを装着しても1.0がギリギリでない位でかなり危なかったのですが、これからご紹介する方法を続けたことで1年で0.2まで視力をアップさせることに成功したのです。
ぜひみなさんも実践してみてください!

 

姿勢を正しくすること(猫背は目の大敵!)

CA(キャビンアテンダント)と視力について【回復法など】

 

まずは猫背の矯正です。

 

こちらでご紹介した姿勢矯正インナーの装着はおススメの方法です。
身長増大も期待できますのでまさしく一石二鳥です!

 

猫背のままでいると眼球により多くの負荷が掛かるので、その影響で目のピンとが前方に偏った状態が長く続いて最終的にはその状態がデフォルトになって「近視の一丁あがり!」となってしまうのです・・。

 

また、猫背ということは普段からスマホやPCやマンガなどを多用しているという裏返しなので、そういったモノを使用する時間は極力避けて、使用するときにも意識して背筋を伸ばして遠目で見るという習慣をつけることが効果的ですね。

 

さらに、長時間同じところに目の焦点を合わせていることは、肩こりと同様に筋肉が凝り固まって動かなくなってしまうので、3分に1回くらいは遠くと近くを交互に見て目のピント調節の凝りをほぐしてあげることをおすすめします。

 

これらを実践しただけでも、私は疲れ目がかなり改善されましたし、目の周囲の筋肉が触ってわかるほどに柔らかくなりました。

 

 

眼筋を強化するトレーニング眼鏡【イチオシ】

CA(キャビンアテンダント)と視力について【回復法など】

 

次にこちら、眼筋を強化するトレーニングメガネの使用です。

 

なんと、視力を鍛える目的の特殊な眼鏡が有るんです!

 

こちらの「Visionup(ビジョナップ)」はプロ野球選手やプロサッカー選手も愛用している優れものなんです。

 

視力も筋力と同じく、鍛えれば鍛えるほどその力は確実に向上します。
もちろん誰でも視力2.0になれるわけではありませんが、少なくとも何もしないより鍛えた方が現状よりも視力は向上します。

 

このVisionup(ビジョナップ)のレンズは眼筋を鍛える特殊な液晶の光が点滅します。
その点滅の中で様々な目のトレーニングを行うことで眼筋が鍛えられるという、いわば目の筋トレ装置なのです。

 

こちらの動画には、Visionup(ビジョナップ)の操作方法が紹介されています。

 

 

 

そしてこちらの動画にはVisionup(ビジョナップ)を使った具体的な眼筋トレーニング方法が紹介されています。

 

 

1日わずか15分、週に3回ほどで効果が実感できる優れものです。

 

こちらの公式サイトから最安値で購入が可能です。

 

 

 

視力に悩むCAを目指すあなた、そして現役CA、さらに視力を回復させたい全ての方にVisionup(ビジョナップ)をお勧めしたいと思います。

 

視力アップは筋トレと同じです。

 

眼筋を鍛えて視力の悩みから解放されましょう。

しえすたのプロフィール
トップへ戻る